紫外線の悪い具体的な影響

「紫外線が肌に良くない」とわかっている方が増えてきていますね。



この紫外線、

浴び(当たり)すぎるとお肌はどのような現象を引き起こすでしょう。皮膚は自然に⭕️2つの防御反応を起こします。



一つは「皮膚を厚くすること」、もう一つは「色を黒くすること」

分厚い皮膚(角質層)は、薄い皮膚よりも効果的に皮膚を保護し、主に夏に強い紫外線B波を防ぐにとどまります。


もう一つ、

皮膚が黒くなるのは、皮膚が細胞を紫外線から守るために起こした反応。作られたメラニンは紫外線を吸収し散乱する強力な抗酸化物質でもありますが、黒くした皮膚が紫外線ダメージを完全に防ぐという訳ではないので気をつけたい所です。



夏に降り注ぐジリジリと刺激の強い紫外線B波に対しての防御反応も、年中降り注いでいる紫外線A波を防御することはできずに一部は余裕で深層深部にまで侵入すると「肌ダメージを引き起こします」



紫外線による日焼けは皮膚の傷(老化やトラブルの原因)


分厚い皮膚は「ゴワゴワの手触りに皮脂詰まりを起こしニキビやクスミ肌」の元になったり、黒くなるのは「シミ」の元になったり、紫外線A波による深層深部の破壊は「たるみやシワ」といった肌のハリや弾力、そして潤いの低下の元になってしまいます。



紫外線によるダメージはビタミンも破壊が進むことで「ビタミン不足」になるとより肌の老化進行は早まってしまいます。



毎日消耗していく肌のビタミンを補うスキンケアには意味があり美肌維持にとても重要になります。


private salon Rita.